専業主婦でもローンが組める?総量規制の例外規定とは

専業主婦の場合は、基本的には自分で働いて収入を得ていない関係からローンを組むことができません。これは、年収の3分の1までしか借入を受けることができないと定めた総量規制によるものですが、もともと

 

年収のない専業主婦の場合はこの規定のためカードローンなどで借入を受けられない

 

ということになっています。ただし、この総量規制には例外規定があります。配偶者貸付がその例外規定のひとつで、これは夫婦の年収を合算して3分の1までローンが利用できるというものです。

 

この場合は「夫婦の年収」を合算することになりますので、専業主婦の年収が0円であっても配偶者に年収があればその3分の1までであれば借りることが可能となっています。なお、この配偶者貸付を利用してローンを組む場合には、

 

配偶者の同意書や収入証明、婚姻関係を証明するための戸籍抄本が必要

 

となります。例外規定が適用されれば収入のない専業主婦であってもローンで借りられるということなのですが、こうした書類を用意しなければならないという点は少し面倒かもしれません。また、配偶者の同意書も必要なので夫に内緒でローンを組むといったことも事実上不可能といえるでしょう。

 

ちなみにこの配偶者貸付が適用できるカードローン業者は事実上ほとんどないのが現状です。というのは、業者側としても提出される書類が多く、それぞれの書類の内容確認や情報の照合などに手間がかかるため、コストを抑えたいという内情があるからです。

 

それだけ手間をかけて融資を実行したとしても、もともと収入がない専業主婦と契約をするのですからそれほど高額の融資ができるわけでもありませんし、得られる利息も決して多くはありません。

 

コストパフォーマンスが決して良いとはいえない融資しかできないということで、専業主婦への配偶者貸付はほとんど行われていないようです。こうした理由から、収入を得ていない専業主婦 借入がしにくい時代になっているといえるでしょう。